中性脂肪とコレステロールの関係性

卵にはコレステロールが多く含まれています

健康診断で、中性脂肪値が高いと指摘された方の中には、同時に、コレステロールの値も指摘された方がいらっしゃるのではないでしょうか。中性脂肪とコレステロールは、どちらも人間の身体に存在する「脂質」です。そのため、中性脂肪とコレステロールは「一括り」にされてしまいがちですが、中性脂肪とコレステロールの特徴や働きには大きな違いがあります。今回は、中性脂肪とコレステロールの違いと関係性についてご紹介します。

中性脂肪は、「トリグリセリド」(TG)と呼ばる脂質です。中性脂肪の主な原材料は、食事から摂取した糖質・脂質で、私たちが活動するためのエネルギー源です。エネルギーとして消費されなかった分が、肝臓に送られて「中性脂肪」を合成します。

中性脂肪は、体内の糖分が不足した時の「予備のエネルギー」として一定量は必要なものです。しかし、必要以上に体内に溜め込むことで皮下脂肪や内臓脂肪が増え、また、血液中の中性脂肪も増加します。健康診断の検査結果で言われる「中性脂肪値が高い」とは、血液中の中性脂肪が多いことを意味します。血液中の中性脂肪が増加すると、血管に「プラーク」と呼ばれる「コブ」を作ります。コブが作られることで、血管内が狭くなり血流が悪くなり、動脈硬化が進行し、心筋梗塞や狭心症を引き起こす原因となるのです。

一方、コレステロール(TC)は、細胞膜を生成するために必要な要素で、こちらも生きていく上で欠かせない脂質です。コレステロールには、悪玉コレステロール(LDL)と善玉コレステロール(HDL)があり、これらが相互に作用することで、細胞膜の原料、ビタミンDの合成、副腎皮質ホルモンや、脂肪の消化を助ける胆汁酸を生成します。

また、悪玉コレステロール(LDL)と善玉コレステロール(HDL)は、それぞれ特徴があり独自の働きをします。善玉コレステロールには、体内の血管や組織から余分コレステロールを集めて、肝臓へ運び再利用させる働きがあります。一方、悪玉コレステロールは肝臓や腸で作られたコレステロールを、体の隅々まで運ぶ働きがあります。「悪玉」と聞くと不要なものだとイメージしてしまいますが、悪玉コレステロールも一定量は必要な要素なのです。ですが、悪玉コレステロールが増えすぎてしまうと、血管壁に蓄積して動脈硬化を進行させる原因になります。また、それにより心筋梗塞や狭心症になる可能性が高くなるのです。

働きは全く違う中性脂肪とコレステロールですが、中性脂肪とコレステロールは、その「増減」に深い関係があります。中性脂肪が増加すれば、悪玉コレステロールも増加し、善玉コレステロールは減少します。中性脂肪が減少すれば、悪玉コレステロールも減少し、善玉コレステロールは増加します。言い換えれば、中性脂肪と悪玉コレステロールは比例し、中性脂肪と善玉コレステロールは反比例するということです。中性脂肪値もコレステロール値も高いのであれば、中性脂肪値を改善することでコレステロール値も改善されるということになります。

サプリメントを有効に使いましょう

改善方法は、言うまでもなく「生活習慣の見直し」です。中性脂肪値もコレステロール値も「食生活の改善、適度な運動、禁酒に禁煙」に取り組むことで改善されると言われています。
ですが、「仕事が忙しく時間がない、付き合いがあって改善に取り組んでもすぐに挫折してしまう」という方におすすめなのが、マグロやサバなどの青魚に多く含まれるDHAとEPAの摂取です。DHAには肝臓の働きを活発にし、中性脂肪を体外に排出する作用があります。また、EPAには体内に溜め込まれた脂肪や血液中にたまった中性脂肪を分解する働きがあることが証明されています。
厚生労働省が推奨するDHAとEPAの摂取量は1日1,000mgで、クロマグロのお刺身8人前に匹敵します。ですから、忙しく外食中心の食事が多い方はもちろん、自炊で頑張っている方でも1,000mgの摂取量を毎日維持するのは、ほぼ不可能といっていいでしょう。そこで有効なのがDHAとEPAを配合したサプリメントです。商品によって異なりますが、1日あたりおおよそ500㎎以上のDHAとEPAが簡単に摂ることができます。

DHAとEPAのサプリメントは、中性脂肪値とコレステロール値を同時に改善できる優れた商品です。サプリメントを有効に使いながら、できる範囲で生活習慣を改善することをおすすめします。